Re:inventing YOU

- ピリオドの向こうにいる自分を創造する -

「一流の男」への道を実践して1か月が経過したので報告します

「一流の男」への道を実践して、1カ月が経ちました。

 

元々は自分の葬式の弔辞で

「あなたは最も勇敢で最もセクシーなアウトローでした」

と読まれたいところからスタートし、特にセクシーを強化していくことが目的でスタートをしたわけです。

 

これまで1か月間、自分の生きる道を設定したり、父親との関係性を改めて考えてみたり、感情との付き合い方について考えてみたりと、いろいろとやってきました。

 

その結果、ほんの少しですが自分の生きたい人生を歩み始めたような感じがします。

 

このブログのテーマはタイトルにもあるように

『Re:inventing YOU』

 

reinventは、新たに作成して作り直す、存在を蘇らせる、という意味なのですが、『Re:inventing YOU』は、「新しい自分になる」「自分を超える」という意味を持っています。

 

氣志團風に言うと、

行こうぜ!ピリオドの向こうへ!

です。

 

この1か月の間に、これまでにない仕事が舞い込み、世界が広がったことを考えると、これまで考えていた自分の枠を超えることができたという実感があります。

まさに、ブログテーマに沿ったことが実践としてできていると思うと、非常に嬉しい気持ちになり、今後の活動への大きな自信になりますね。

 

さて、これからも実践を続けるのですが、これまでやってきて疑問に思うことがあるんです。

 

それは、何がどうなったら一流の男になったと言えるか?の答えが分からないということ。

セクシーな男についても同じですが、どのような状態になったら自分自身がセクシーな男になったと分かるかの明確な基準がないんですね。

 

実践している書籍「一流の男」への道にも、一流の男になる方法は示してくれていますが、「ずばり一流の男とは・・・」といった定義がなされていません。

なので、正直、1つ1つの行動はしているものの、どのような状態を目指しているのかがよくわからんのですよ。

 

ということで、一流の男の定義を設定する必要性が出てきました。

それよりも、本来目指しているセクシーな男の定義が必要に感じますけど。

 

いずれにしても、定義を設定することを実践をしつつ、やっていきたいと思います。