Re:inventing YOU

- ピリオドの向こうにいる自分を創造する -

どんなにプラス思考になってもクソみたいなことは起きる

「一流の男」への道には、こんな一文がある。

 

どんな人に対しても、本物の「いい男」、サムライとして振る舞えるようになるためには、全身の感覚を総動員して、自分の置かれた状況の一切を感じ取る必要がある。

「一流の男」への道 P.16より抜粋

 

これを読んで僕が感じたことは、

どんな望まない出来事が目の前に起きたとしても目を背けるな!

ってこと。

 

要するに、

自分の人生から逃げるな!

っていうことではないかと。

 

そういえば、ピーター・セージがこんなことを言ってたなぁ。

人生にはチェス盤のように白いマスと黒いマスがある。どんなに白いマスだけを歩こうとしても、それはできない。どんなにプラス思考になってもクソみたいなことは起きる。

 ってね。

 

僕はピーターのこの言葉を聞くまで、黒いマスを歩かないように、『ザ・シークレット』をみて、

「プラス思考になれば白いマスが引き寄せられて、黒いマスを歩かなくて済む」

なんて、勘違いもしてたんだよね(苦笑)

 

黒いマスに止まったら受け止めきれずに、被害者意識全開で責任転嫁したり、なかった事にしようとしたりしてたし、黒いマスから逃げていたわけですよ。

 

今思うと、自分の人生と向き合わずに逃げてただけなんだよね。

 

人生には黒いマスもあるし必ず通るってことが知ってからは、だいぶ望まない出来事とも向き合えるようになってきたんだけど、それでもまだ、白いマスを望んでいるし、黒いマスを楽しめていないんだよなぁ。

 

白いマスも黒いマスも楽しめたら人生はもっと楽しくなるんだけどね。

今はまだ、その域に達してない。

 

でも最近、黒いマスの楽しみ方が見えてきたので、いまちょっと実践中です。

 

 

自分の人生としっかり向き合って、白いマスも黒いマスも楽しんでいきたいもんだ。

 

今のところ、そんな感じ。