Re:inventing YOU

- ピリオドの向こうにいる自分を創造する -

お金の使い方に『正しさ』を求めると罪悪感に悩まされる

お金について自分と向き合っていくと、様々な心理ブロックに出くわします。

 

俺も色々と心理ブロックを取り除き、

 

「お金は無限にある!」

 

って感覚に少しずつなってきたわけです。

 

 

が。。。

 

以前と変わらず、物を買う時にどうしても値札を気にしてしまったり、

「本当にこれ購入してもいいのかな?」

なんて、心ではなく頭でお金を使おうとしていたんですね。

 

はて、これは何故だろう?

 

と、自分を見つめていった結果、

 

お金の使い方にブロックがあることに気が付きました!

 

 

例えば、

 

  • 好きなものを買うと怒られる
  • 欲しいものを手にすると怒られる
  • 欲しいものをねだると怒られる
  • 欲しいものは役に立つものでないといけない
  • 役に立たないものを買ったら親に黙っていなければいけない
  • 自分だけが幸せになってはいけない

 

などなど、お金の使い道や欲しいものを手に入れることに関するブロックがゾロゾロと。

 

どうやら俺は、

親が納得するお金の使い方をしなければいけない

といった、いわゆる『お金の正しい使い方』に縛られていたようです。

 

 

だから、自分の欲しいものを買ったとしても、

親の正しい使い方にそぐわなければ、

隠しておかなければ怒られるので、

親に対して秘密を持っていることに罪悪感を感じてしまっていた。

 

といった具合です。

 

 

もらったお小遣いを、

禁止されている買い食いをして使ってしまった

ということで、

やりたくてやったにもかかわらず、

好きなようにお金を使ったにも関わらず、

誰に褒められることもなく、

親に黙っていなければならない。。。

 

その罪悪感にずっと悩まされていたわけですね。 

そりゃー、大好きな親を裏切ったことをしたと思っているのだから、苦しいはずです。

 

 

こうしたブロックは大人になって今では役目を終えているので、

スッコーーーンと外しときましたよ^^

 

 

お金に使い方にね、正しいとか間違ってるなんかないんですわ!!

 

 

お金だけに限らんけど、

正しい間違ってるで物事をジャッジしてたら、

自分が苦しくなるだけ。

 

自分は間違ってるかも。。。

なんて考えて、

自己否定することも罪悪感を感じることも、

全く必要ないんですわ。

 

 

正誤判断はひとまず置いといて、

自分が使いたいようにお金使ってたらいいんじゃね?

 

 

ブロックを外して最終的に出てきたのは、

好きなもの買って楽しんでたら、両親は喜ぶ!!

 

 

自分が楽しんでたら、それは周りに波及していくんですな。

 

と、そんな感じ~

 

 

さて、これからの買い物が楽しみですのぅ♪