Re:inventing YOU

- ピリオドの向こうにいる自分を創造する -

あんなに漫画に執着していた過去の自分に今は笑えてしょうがない

先日、大切にしていたマンガ 『ワンピース』を全巻、断捨離したよ。

 

俺の家からすべての漫画がなくなり、ついでにCD、DVDも全て断捨離。

 

本棚に収まりきらず、ロフトにも沢山あったので、断捨離することで

「えっ、こんなに部屋広かったっけ?」

って驚くくらいのスペースが空いた^^

 

 

俺は漫画が好きでね、本屋に行ってまず見るのが漫画コーナー。

 

新刊は出ていないか

新しい面白そうな漫画はないか

 

と、少年漫画、青年漫画、時に少女漫画コーナーを物色するのが、過去の俺。

 

そして、実際に購入し、家に持って帰る。読む。

そして、本棚に並べようとしたら、

本棚がいっぱいで並べられない。。。

 

そこから、漫画の並べ替えが始まり、興味度が低くなった漫画はロフトへ。

売る気持ちは当然ながら、無い。

 

いやね、売ろうとした時もあるんだけど、

「いや、また読みたくなるかも」

「この漫画、もう手に入らないし」

「これ、全部初版だから」

「もしかしたら、プレミアがつくかも」

という気持ちが上回り、売ることができず、漫画は溜まっていく一方。

 

漫画を貪り、執着をしてわけ。

 

あるときね、『執着をすると恐怖が生まれる』ってことが分かったんだ。

 

例えば、

「全て初版で集めなきゃならない」

「全巻そろえなきゃ」

「売ったら損するかも」

「新刊を読まなきゃ話題についていけない」

などなど、ある種の強迫観念に捕らわれていた感じがするのよ。

そして、それができないとイライラしたり、心が乱されるという。

 

はたからみたら、全くちっさい男ですわ(笑)

 

漫画漫画、と執着していた自分が、今は笑えてしょうがない^^

 

 

断捨離をするとね、心が整理されて落ち着いてくる。

その物体にもれなくついている思い出や感情も一緒に整理されていくからね。

 

今では、漫画コーナーに立ち寄ろうとも思わないし、本棚整理に時間を取られることもないし、発売時期をチェックしたりする手間もない。

 

部屋もすっきりして居心地の良い空間になってきて、なんか心がリセットされた心地よさ。

 

 

漫画を断捨離したら、そんなことを感じたのでした~^^