Re:inventing YOU

- ピリオドの向こうにいる自分を創造する -

川に入る勇気を持つと、いつの間にか川の中にいる

 

先日から、目標達成を川の流れに例えていますが、自分の目指すものが上流にあるにしろ下流にあるにしろ、本当に欲しいものを手に入れたいのであれば、
 
 
まずは川に入ることです。
 
 
川のほとりにたたずみ、上流に向かって頑張っている人、下流にのんびり流れる人に、羨望や嫉妬していても欲しいものは手に入りません。
 
 
「川が冷たいから、もう少し温かくなったら」
「もう少し体力がついたら」
「準備が整ったら」
「タイミングがきたら」

などの条件が揃うのを待ち、川に入るのを先延ばしにしていたら、あっという間に死期が近づき、後悔を残して三途の川という別の川を渡ることになります。
 
 
まずは川に入ることです。
 
 
そのための勇気を出すことです。
 
 
川に入るのが怖いとき、ほんの少し自分で自分の背中を押してみます。
 
それも難しい時、「川に入りたいけど怖い」ということを認めて、周りの人に助けを求めてみます。
 
 
 
すると、必ずサポーターが目の前に現れます。
 
 
 
そして、その時、すでに自分は川の中にいるのだということに気が付きます。
 
 
あとは、流れに身を任せると、目の前の世界がガラッと変わってきます。
 
 
 
まずは川に入ることです。