Re:inventing YOU

- ピリオドの向こうにいる自分を創造する -

男性性100%ならセクシーな男なのかというとそれも違う気がする

最近どうも一流の男一流の男言いすぎて、本来の目的から遠ざかっていたような気がします。

 

僕の本来の目的、そもそも「一流の男」への道を実践しようと考えたきっかけは、

僕のセクシーさをアップさせたいから!

 

どうも最近、セクシーというところに意識が向いていなかった気がするので、今回からは改めてセクシーについて考えていきたいと思います。

 

とはいえ、これまで一流の男について実践してきたことの中に、学ぶことも多かったので実践は引き続き行っていきたいと考えています。

 

僕の考えるセクシーな男というのは、『男が惚れる男』なんですよね。

女性はモチロンのこと男も惚れる男。

男が憧れる男ではなく、男が惚れる男。

男が「この人にだったら抱かれてもいい」と感じてしまうような男は、非常にセクシーな男だと言えるのではないかと僕は思うんですよね。

 

今書いていて思ったのだけど、もしかしたら男性の中にある女性性を目覚めさせることができる、感じさせられる男はセクシーなのかも?

 

相手が男性であれ女性であれ、その人にある女性性を感じさせることができたら、それはセクシーな男と言えるのかもしれない。

 

じゃぁ、男性性100%ならセクシーな男なのかというと、微妙に違うような感覚があって、どちらかというと男性性と女性性が上手くバランスがとれているというか、統合されてるというか、なんかいい塩梅の状態のような気がするんだよなぁ。

 

もしかしたらそれは、4つの元型の戦士のエネルギーでも恋人のエネルギーでもなく、主権のエネルギーがメインとしてあるのかも。

 

とするのであれば、これまで一流の男への道を実践する中であった、魂に従って生きるなんてことが大きくかかわってくるし、結局はそこに繋がっていくのか?

 

なんてことを考えて、頭が混乱してきたので、今日はここまで。

 

気が向いたらまた書きます。